SWAN
SWAN
Home Access Photo & Report For Agent For Consumer
ホーム > フォト&レポート > 2019年1月6日 新春の空を飾る部分日食
新春の空を飾る 部分日食
2019年1月6日 撮影レポート

新年おめでとうございます。

2019年は7月2日の南米皆既日食に加え、12月26日には中東から東南アジアにかけて金環日食(日本では部分日食)が見られるという、数年ぶりに大きな天文イベントが控える年。

それに先立つ1月6日、日本各地で部分日食が観測され、スワンインターナショナルでも、皆既日食と金環日食の予行練習も兼ねて撮影へ出かけ、全行程の撮影に成功!

さっそくレポートを掲載します。

GPVによる雲量データ
GPVによる雲量データ


1週間ほど前までは、関東地方全体に晴天が広がる予報だったため、当初は自宅で撮影できると楽観していたものの、日が近づくにつれ、雲に覆われる予報へと変わり、撮影場所は、ギリギリまで悩んだ末、前日深夜の予報更新を待って、最終的に、茨城県の涸沼(ひぬま)湖畔に決定した。

2019年1月6日 茨城県の涸沼(ひぬま)の日の出
涸沼の日の出

部分日食は明るい太陽を撮影するため、多少曇っていても雲を通して観測や撮影は可能だが、どうしても雲の影響で光が散ってシャープな画像が得られなくなるため、少しでも雲が薄い場所を求めて常磐道を北へ。

湖畔の空き地に到着したのは、日の出直前。早速機材をセットして、食が始まる午前8時44分を待つ。空には薄い雲が多少流れてはいるが、ほぼ快晴!

2019年1月6日 観測準備
観測準備

そして、周囲にまったく誰もいない湖畔を独り占めして、部分日食の撮影開始。

2019年1月6日 08:44 食の開始


08:44 食の開始
2019年1月6日 09:26 食分0.22


09:26 食分0.22
2019年1月6日 10:07 最大食(食分0.44)


10:07 最大食(食分0.44)
2019年1月6日 10:52 食分0.22


10:52 食分0.22
2019年1月6日 11:38 食の終わり


11:38 食の終わり

2019年1月6日 部分日食全経過



さすがに、最大食あたりからは埼玉方面から流れてきた雲が徐々に厚みを増してきたが、なんとかその切れ間を見つけて、全ての行程の撮影に成功!

幸先いい一年のスタートとなった。

さて、月が公転して地球の周囲をあと6周すると、いよいよ南米チリでの皆既日食!
ツアーページはこちら南米チリ皆既日食観測の旅

そして、年末間近の12月26日には、日本でも今年2回目となる部分日食が見られるが、中東から東南アジアの広い範囲で金環日食となり、スワンインターナショナルではインドでの観測ツアーを企画中!
ツアーページはこちら(企画中!)

M.Nakamura



天文シリーズ
米アイダホ皆既日食ツアーレポート(2017)
米アイダホ皆既日食フォトギャラリー(2017)
三陸で観測・皆既月食撮影!(2015)
アイソン彗星消滅!(2013.)
パンスターズ彗星の撮影に成功しました!(2013)
オーストラリア皆既日食ツアーレポート(2012)
トリプル金2012の最後を飾る金星食
白昼の木星食(2012)
金星の太陽面通過(2012・トリプル金)
金環日食(2012・トリプル金)
オーストラリアの素晴らしい星空(2012)
タヒチ皆既日食ツアーレポート(2010)
ミャンマー金環日食フォトギャラリー(2010)
ミャンマー金環日食観測ツアーレポート(2010)
上海皆既日食(2009)
上海日食弾丸ツアー添乗後記(2009)