SWAN
SWAN
Home Access Photo & Report For Agent For Consumer
ホーム > オーストラリア南十字星と皆既日食観測の旅 > 2012トリプル金(その2)レポート
撮りおろし!

2012 トリプル“” その2

6月6日 金星の太陽面通過

2012.6.7
2012トリプル金・その2〜金星の太陽面通過とは
内惑星(地球よりも太陽に近い軌道をもつ惑星)である金星が、太陽と地球の間に一直線に並ぶことで、太陽面を黒い点となって横切るもので、日本での観測は2004年(130年ぶり)以来8年ぶり、次回観測できるのはなんと105年後という大変珍しい現象です。

6月6日、この現象の撮影に成功しました。レポートはこちら



6月6日 金星の太陽面通過、撮影レポート
2012.6.10
台風3号の発生と、中国大陸北部からの2つの低気圧の接近で、直前に大きく天気予報が変わってしまった6月6日。

関東、信越から東北・北海道の範囲での観測は絶望的となり、最終的に @福井県越前市 A京都府舞鶴市 B兵庫県宍粟市 C鳥取県鳥取市 D兵庫県明石市 の5ヶ所に絞り、あとは直前の天気予報と目視で決定することにして前日の6月5日夜に東京を出発。

北陸道と名神道の分岐点である滋賀県彦根に深夜に到着。

そして迎えた6月6日午前3時、空を見上げると、予報よりも雲の動きがずいぶん遅く、晴れ間はまだ近畿に到達していないことがわかり、一路中国道を西へ西へ。

兵庫県に入ったあたりでようやく厚い雲を抜け、東の空から雲を越えて太陽が顔を覗かせた。

西側には青空が広がり、もう大丈夫と、今回の観測地は兵庫県宍粟市にある中国道揖保川PAに決定。
同じく東京から晴れ間を目指して徹夜でやって来たという天文ファンと並び、午前7時9分いよいよ金星の太陽面通過が始まった。

途中、最大食(10時29分)と、第3接触(13時31分)の前後は多少雲に邪魔されたが、ほぼ全過程において晴天が広がり、次回は105年後の2117年12月11日まで見られないという金星の太陽面(日面)通過の観測を無事に終了した。



40分ごとの経過

 

第2接触前の金星と黒点

 

ブラック・ドロップ現象

 

金星と黒点

 

第2接触〜最大食〜第3接触

 

全経過写真




“トリプル金”最後となる第3弾・金星食は8月14日早朝ですが、そのちょうど1ヶ月前の7月15日の日中には、月の向こう側を木星が通過する“木星食”が観測されますので、“番外編”としてレポートする予定です。どうぞお楽しみに!/M.Nakamura


お問い合わせ

手配旅行(受注型企画旅行)につきましては、こちらへどうぞお問合せください

スワンインターナショナル株式会社
東京本社営業部
 TEL:03-5201-1001  FAX:03-5201-1002  メール

天文シリーズ
米アイダホ皆既日食ツアーレポート(2017)
米アイダホ皆既日食フォトギャラリー(2017)
三陸で観測・皆既月食撮影!(2015)
アイソン彗星消滅!(2013.)
パンスターズ彗星の撮影に成功しました!(2013)
オーストラリア皆既日食ツアーレポート(2012)
トリプル金2012の最後を飾る金星食
白昼の木星食(2012)
金星の太陽面通過(2012・トリプル金)
金環日食(2012・トリプル金)
オーストラリアの素晴らしい星空(2012)
タヒチ皆既日食ツアーレポート(2010)
ミャンマー金環日食フォトギャラリー(2010)
ミャンマー金環日食観測ツアーレポート(2010)
上海皆既日食(2009)
上海日食弾丸ツアー添乗後記(2009)