SWAN
SWAN
Home Access Photo & Report For Agent For Consumer
ホーム > フォト&レポート > ケアンズ皆既日食ツアーレポート(1)
ケアンズ皆既日食ツアーレポート(1)
前へ


2012年11月11日出発 
南十字星とオーストラリア皆既日食観測の旅

金環日食、金星日面通過、木星食、金星食と、珍しい天文イベントが目白押しだった2012年の最後を飾るオーストラリア皆既日食観測ツアーの参加者は全部で13名様。

11月11日(日)の午後、成田、静岡、名古屋、関西からそれぞれ中国東方航空で出発し、上海空港で合流して一路・シドニーまで10時間のフライト。

翌12日の昼にほぼ定刻で到着した後は、カンタス航空の国内線で皆既日食の舞台・ケアンズへ。


ケアンズ到着
ケアンズ到着は午後3時半。するとまさかの強い雨。。。 ケアンズは熱帯雨林気候で、雨季でなくても降ったりやんだりは良くあることだが、いきなり雨の出迎えはさすがにちょっと心配になってしまう。

この日の夕食は、エスプラネード沿いのレストランのバルコニーにてシーフード・ブッフェをお楽しみいただいたが、その最中にも短い時間ながら突然の豪雨があり、みなさんなかなか食事どころではない様子。

翌13日は、午前4時半にホテルを出発。24時間後に迫った皆既日食に備え、観測場所であるワンゲッティ・ビーチで日の出の角度や足場の確認。

過去数度の下見の時と同様、水平線近くだけに雲が湧いているが、明日もこの状態ならなんとか皆既は期待できそうか。。。


トロピカルズー
下見も済ませて、あとは当日を迎えるだけ。
ホテルに戻って朝食を済ませた後は、ケアンズの観光。まずは、オーストラリア特有の動物を集めたトロピカルズーへ。ツアーに含まれているコアラとの記念撮影を済ませ、カンガルーやウォンバット、クロコダイル、ワライカワセミなどの観察を楽しんでいただいた。

世界遺産・キュランダ
午後は、世界遺産・キュランダへ。鬱蒼と茂る熱帯雨林に囲まれたオープンスタイルのレストランでは、オージービーフやバラマンディ(スズキ)、チキンの他、オーストラリアならではのクロコダイルとカンガルーのソーセージを体験!


最後は、人気の高原列車・キュランダ鉄道で、熱帯のジャングルを縫うように走る1時間40分の列車の旅。

ケアンズ市内に戻った後は、夕食を済ませて早めにホテルへ。明日午前0時(つまり深夜12時)の出発に向け、みなさん準備万端!

前へ

天文シリーズ
米アイダホ皆既日食ツアーレポート(2017)
米アイダホ皆既日食フォトギャラリー(2017)
三陸で観測・皆既月食撮影!(2015)
アイソン彗星消滅!(2013.)
パンスターズ彗星の撮影に成功しました!(2013)
オーストラリア皆既日食ツアーレポート(2012)
トリプル金2012の最後を飾る金星食
白昼の木星食(2012)
金星の太陽面通過(2012・トリプル金)
金環日食(2012・トリプル金)
オーストラリアの素晴らしい星空(2012)
タヒチ皆既日食ツアーレポート(2010)
ミャンマー金環日食フォトギャラリー(2010)
ミャンマー金環日食観測ツアーレポート(2010)
上海皆既日食(2009)
上海日食弾丸ツアー添乗後記(2009)